エアーウルフ



久々の更新ですが新しいところでエアーウルフのスケールボディー買っちゃいました。



衝動買いです。

ラジコン始めた時はスケールのエアーウルフを飛ばすのが夢でした。

数年前にミニタイタンのスケールボディー “コブラ”を購入したのですが1~2回飛ばして飽きてしまい売ってしまいました。

ミニタイタンのコブラは実機のコブラとは形が違いすぎていたしオモチャっぽかったんですよね~。

今回はT-REX500のスケールです。

エアーウルフはグラスファイバー製でしっかりした作りになってます。

ちょっと形が違うところがあるけど許せる範囲です。

まあまあ気に入ってます。

気が向いたら少しづつ改良して実機に近づけたらな~なんて思ってます。



今現在のラジコン棚です。

エアーフルフ、T-REX450Lが2機、T-REX150、ワイルドウイリー、ランチャデルタ、です。

飛行場が狭いので大きいヘリが飛ばせないのですよね。

そのうち時間とお金が有れば600,700,800、と考えようかな?

| | コメント (0)

150スキッド補強



墜落する度にスキッドの同じ所が欠けるので金属で補強しました。

手作りなのでデコボコしてますがカナリ頑丈です。

何度か墜落しましたが折れなくなりました。

| | コメント (0)

150モーター改良

T-REX150が訳が解らず墜落しました。

原因はピニオンギアの空回り!

これ、250でも同じ事があったのですよ。

ピニオンが接着剤で留めてあるだけなので墜落などの衝撃で緩んでしまうのです。

それで・・・・。



拡大すると・・・・・・。



以前T-REX250のモーターも同じ加工をしました。

モーターの軸とピニオンギアの内面に溝を掘ってピンを差込みました。

これでギアの空回りは絶対にしません。

テクニカル的なミスで墜落したのなら仕方がないのですが今回のようなトラブルでの墜落はガッカリしてしまうのですよね~。

| | コメント (0)

«T-REX150Xパーツ